低糖質ケーキとは

【低糖質ケーキ】とは?


糖質を抑えたケーキです。

(そのまま?)

糖質を抑えるということは、スイーツの命ともいえる「甘味」が少なくなります。


「ということは・・・、あまり美味しくない」


というイメージをお持ちの方がたくさんいらっしゃると思います。


甘いものを作る職人なのに、甘いものを作ってはならない。


そんな矛盾を超え、低糖質ケーキを作ろう!と思った経緯を、お話しさせていただきます。

オーナーパティシエールである川田幸子が30代なのに胆のうポリープができてしまい・・・。

とてもショックを受け気落ちしていました。


食事制限、身体には優しいのですが、薄味であまり美味しくない・・・

職業柄、おいしいスイーツが食べたいけど・・・


と思っていたある日、低糖質で美味しいケーキを作り、同じ経験をしている人に食べてもらえば少しは気分が晴れるかも!とふと思ったのが始まりでした。

(ただ自分が食べたかっただけかもしれませんが(笑))


病院にある本やインターネットで調べていると、甘いものを食べたくてもお医者様から糖質制限されて我慢している人や、健康診断で引っかかり我慢しなければならない人が、つい食べてしまう場合がなんと80%もいるという記事を発見しました。


私と同じように病と闘っている人や糖質制限しなければならない人のお役に立てるかもしれない、と思い、低糖質でカロリー控えめ、体に優しい材料を使用したスイーツを開発していこう!!と記事を見ながら決意しました。


「材料を置き換えるだけならだれでもできる」

「体に優しく美味しいケーキを作くる!」


そこからが大変でした。

ただ材料などを置き換えるだけではなく、低糖質で美味しいスイーツを目指し、根気や忍耐と戦いながら何十回も試作を繰り返す日々。

開発途中うまくいかず、断念しようかと心が折れそうになっていたさい、不思議なことにスイーツが大好きなのに糖質制限をしなくてはならなくなった方や、ダイエット中などで食べらない方のご相談・ご要望をたくさんいただくようになりました。


「弱音なんてはいている場合じゃない」


いただいたお話しから、より強く「すべての人に」美味しいお菓子を食べてもらいたいと思い奮闘の日々が続きました。

そして、いくつか季節が過ぎ去ったある日、やっとの思いで自信を持ってご提供できる低糖質でも「美味しい」スイーツを完成させることができました。


見た目とはうらはらにオーナーパティシエールは男気のある職人気質なため、これだ!と納得のいく味と出会うまで商品としては売り出さないため、ご案内できるまでにお時間が掛かってしまいました。

申し訳ございません。


お客様のお顔は見えないけれど・・・どこかで「美味しい」と言ってもらえたら幸せです!(オーナー談)


そんなオーナーパティシエール川田幸子の努力とこだわりが詰まったスイーツをぜひご賞味ください。